11/22(月曜日)

見過ごすな、幼い子どものSOS! 0570-064-000 に一報を!

 

国民の皆さんにお伝えしたい政府の取組は、山ほどあります。そのひとつが、この電話番号。今まさにSOSを発している命を救う入口です。

 

今月は、「児童虐待防止推進月間」。今、テレビや新聞広告で、私達はこんな呼び掛けを発しています。

 

【政府インターネットテレビ】児童虐待防止「相談」篇


【政府インターネットテレビ】児童虐待防止「通報」篇

≫スマートフォン等で動画が表示されない場合はこちら からご覧ください。

 

4万4,211件――― 昨年度1年間で全国の児童相談所が対応した、児童虐待の相談件数です。児童虐待防止法施行前の平成11年度と比べると、3.8倍に増えています。

 

子どもが命を落とす最悪の事態にいたってしまうケースも、心中を除いても年間60件を超えています。1週間に1人以上の子どもが、虐待によって命を落としているのです。

 

Photo20101122g_2
児童相談所における児童虐待相談対応件数
[出典:福祉行政報告例]
クリックすると大きく表示されます。

 

周囲から孤立し、子育ての悩みを誰にも相談できず、行き場のない苦しさを子どもにぶつけてしまうお父さん、お母さん。どうすれば痛ましい事件を防ぐことができるか。政府では、例えばこんな施策に取り組んでいます。

 

●「こんにちは赤ちゃん事業
生後4か月までの乳児がいるすべての家庭を訪問し、様々な不安や悩みを聞き、子育て支援に関する情報提供等を行っています。
●「子どもを守る地域ネットワーク」(要保護児童対策地域協議会)の設置
地域の関係機関が連携を図って児童虐待に対応するなど、地域全体で子育て中の親子を見守る仕組みづくりを進めています。
●この他、親子が気軽に集う場をつくり、虐待の原因にもなる子育ての不安感や負担感を軽減するなど、地域で子育てを支える仕組みづくりにも、力を入れています。

 

―――しかし、まず何より大切なのは、虐待を受けている子どもの、言葉にならないSOSに、周囲の私たち一人ひとりが気づくこと! どんなサインを発しているのか、気づいたらどう行動すればよいのか、その「入口」をお知らせするのが、今回のテレビ・新聞等での呼びかけです。

 

Photo20101122b_2
11月23日掲載 新聞広告
クリックすると大きく表示されます。

 

「虐待かもしれない」と思ったとき、自分が出産や子育てで悩んでいるとき、ためらわずに電話していただけるよう、政府では「児童相談所全国共通ダイヤル(0570-064-000)」を設けています。

 

あなたの初めの一歩が、幼い子どもの命を救えるかもしれません。児童虐待がない社会を目指し、一人ひとりができることから、始めませんか。

 



最新の5件
2011年08月29日
最終話【全力】「最後の1日まで」... 退任直前の取り組みと、これから
2011年08月29日
菅政権の仕事・総括報告(5):大震災からの復旧・復興とエネルギー政策の転換
2011年08月29日
菅内閣の一週間(8月22日~8月28日)
2011年08月28日
菅政権の仕事・総括報告(4):外交・安全保障
2011年08月27日
菅政権の仕事・総括報告(3):国民・市民の目線からの取組

KAN-FULL BLOGについて

日本の元気を回復する「カンフル剤」たるべく、カン総理がフル回転。KAN-FULL BLOG(カンフル・ブログ)は、本人直筆で、動画出演で、更にスタッフ証言等で、立体的に発信しています。

カテゴリ

  • KAN-FULL TV(28) 多忙な公務の数分の隙間を見つけては、カメラに向かって総理が構えずに語ります。
  • 一歩一歩(33) 派手なニュースにはなりにくくても、着実に進む菅政権の諸政策。わかりやすくお伝えします。
  • 先を見すえて/菅直人直筆のページ(48) 中長期的な政策テーマについて、思うところを総理自身が一人称で随時執筆。最も一般的な「ブログ」風のコーナーです。
  • 官邸雑記帳(26) 間近だから見える、総理周辺のあれこれ。官邸スタッフ等が気軽につづります。
  • 菅内閣の一週間(33) 先週の菅内閣で、何が起きたか、進んだか。主な会議や行事等の内容について、わかりやすくお伝えします。
  • RSS1.0
  • RSS2.0
KAN-FULL BLOG http://kanfullblog.kantei.go.jp/