12/07(火曜日)

農場で会った菅総理――視察受け入れ者として見た第一印象

 

農事組合法人「和郷園」 代表 木内博一

 

12月4日・快晴の視察当日、スーツではなく、少しラフな格好で農場にいらっしゃった菅総理。その場にいた、おばあちゃんや子供たちに話しかける様子を見て、すごく気さくな方だなと思ったのが第一印象です。

 

総理には、農場だけでなく野菜の冷凍工場・カット工場、バイオマス・プラントなどを見学いただき、農産物を安定的に栽培し、供給するための技術開発や、農業経営のあり方などについて、説明させていただきました。バイオマス・プラントでは、発生したガスを貯蔵するときの圧力の問題など、専門的な話もすんなりとご理解いただき、さすが理系の出身だなと思いました。

 

P20101207
収穫したトマトについて菅総理に説明する木内さん

 

その場に来ていた消費者や畜産農家、米農家の方々との意見交換の際には自分の言葉で、自分の考えを述べられていたように思います。日本の農業の置かれている現状といっても、地域によって全然違うし、品目によっても全然違うんだという意見に対し、菅総理は「だからこそ自分の足で現地に行き、自分の目で現状を見て、しっかりと今の農業の姿を理解したいんだ」とおっしゃられ、私には頼もしく感じられました。

 

これからの農業には、消費者のニーズにあった「ものづくり」ができる農業経営、そういった農業を担う「ひとづくり」のための教育機関が必要だと考えています。こういった取組に国はどう関わっていくのか、菅総理にはぜひ考えていただきたいです。

 

また、生産者と消費者が交流できる、日本の農業の実情を知ってもらえる、日本の食の魅力を発信できる、そんな食と農林水産業に関わる大イベントにも、ぜひ取り組んでいただきたいです。期待します。

 



最新の5件
2011年08月29日
最終話【全力】「最後の1日まで」... 退任直前の取り組みと、これから
2011年08月29日
菅政権の仕事・総括報告(5):大震災からの復旧・復興とエネルギー政策の転換
2011年08月29日
菅内閣の一週間(8月22日~8月28日)
2011年08月28日
菅政権の仕事・総括報告(4):外交・安全保障
2011年08月27日
菅政権の仕事・総括報告(3):国民・市民の目線からの取組

KAN-FULL BLOGについて

日本の元気を回復する「カンフル剤」たるべく、カン総理がフル回転。KAN-FULL BLOG(カンフル・ブログ)は、本人直筆で、動画出演で、更にスタッフ証言等で、立体的に発信しています。

カテゴリ

  • KAN-FULL TV(28) 多忙な公務の数分の隙間を見つけては、カメラに向かって総理が構えずに語ります。
  • 一歩一歩(33) 派手なニュースにはなりにくくても、着実に進む菅政権の諸政策。わかりやすくお伝えします。
  • 先を見すえて/菅直人直筆のページ(48) 中長期的な政策テーマについて、思うところを総理自身が一人称で随時執筆。最も一般的な「ブログ」風のコーナーです。
  • 官邸雑記帳(26) 間近だから見える、総理周辺のあれこれ。官邸スタッフ等が気軽につづります。
  • 菅内閣の一週間(33) 先週の菅内閣で、何が起きたか、進んだか。主な会議や行事等の内容について、わかりやすくお伝えします。
  • RSS1.0
  • RSS2.0
KAN-FULL BLOG http://kanfullblog.kantei.go.jp/