12/21(火曜日)

第8話【医療】 HTLV-1特命チーム、一気に前進

 

他の政治ニュースに注目が集まり、殆ど報道されませんでしたが、昨日はとても大切な政策決定がありました。多くの難病問題にとって「モデル」となり得るような話です。

 

≫スマートフォン等で動画が表示されない場合はこちら からご覧ください。
≫携帯の方はこちらから動画をご覧ください。

 

   元宮城県知事・浅野史郎さんが闘う、成人T細胞白血病。この原因ウイルスである
   HTLV-1ウイルスに感染している人は、全国に100万人以上と推定されます。
   ほとんどの人は発病に至りませんが、時に、浅野さんの病気や、
   あるいは重い神経障害などを引き起こし、有効な治療法はまだありません。

   このウイルスに対する総合対策が、昨日12月20日、大きく前進しました。


総理:私も本当に、ここにいる皆さんと一緒に仕事ができて、一定の前進ができたことを大変うれしく思っております。

 

   総理が「ここにいる皆さん」と言ったのは、このウイルスで発症した
   
患者さんたちのことです。
   今年9月8日、官邸を訪れて総理に対策を直訴。
   要望書をひざまずいて受け取った総理は、ただちにこの問題に取り組む
   特命チームの設置を決め、わずか5日後には初会合を開きました。

 

総理:早速、会を開いていただき、中身の濃い議論をいただいて、ありがとうございました。

 

   しかし、すでに7年も国にこうした要望を続けてきた患者さんの一人、
   菅付さんは、事はそう簡単には動かない、と思っていました。

 

菅付さん:もちろん厚労省の中にも血の通った方がいらっしゃって、心のある方がいらっしゃって、そういう方たちが、突破口をいっしょに探そうと。厚生労働省が決して悪いのではなくて、やはり、縦割りのそういう仕組みが常に出来上がっているから、いくら、その一つの中で一つの病気を何とかしてほしいと言っても、解決されるものではない。

 

   しかし、特命チームの会合が回を重ねてゆくうちに、
   菅付さんの抱く印象は変わっていったと言います。


菅付さん:患者側からの意見もたくさん発言する機会もありましたし、だんだんと実感が湧いてきて、本当にこの特命チームというものが、本気でこの対策をやっていくんだという意志を感じまして

 

   知事になる前、まさに厚労省の官僚だった浅野さんも、
   おなじことを感じていました。


浅野さん:今回、強く感じますのは、やっぱり政治の力ということなんですよね。横並びとかそういうことではなくて、ともかくこの問題については解決しなければならないんだという強い意志が感じられます。

 

   浅野さんが言うこの「強い意志」は、HTLV-1ウイルスの対策だけに
   向けられたものには留まりません。
   総理は、この取り組みの先に、より普遍的な目標を視野に入れています。

 

総理:いろいろな病気で苦しんでおられる皆さんがおられますので、そういう皆さんに対する対応の一つの突破口的なモデル的な特命チームとしての一つの形が、まずは一歩前進できたのかなあとこのように思っております。

 

   こうして昨日、初会合から99日目でまとまったHTLV-1総合対策。
   感染ルートの6割以上が母乳を通じての子どもへの感染であることから、
   全国的な妊婦健診や保健指導体制を整備します。
   この他、感染者への相談体制、検査や治療に関わる医療連係体制の整備、
   研究費の大幅拡充など。国、地方自治体、医療機関、患者団体等が
   密接に連係しながら、強力に推進することを決めました。

 

菅付さん:本当に感謝しております

 

浅野さん:ある意味では驚き、そして感謝をし、感動をしています。私は現在、ATL(成人T細胞白血病)という病気と闘っているわけですが、是非、この闘いには勝利を収めたいと思ってます。

 

総理:今日、総合対策が取りまとまったということで、皆さん方ご自身に一番ご苦労いただきましたけれども、そういうしっかりしたものを作り出すということは本当に皆さん方ご自身の力があってのことだと思います。この総合対策をしっかりと実行してまいりたいと申し上げて、ご挨拶とさせていただきます。どうもご苦労様でした。

 

【関連リンク】

 ・HTLV-1特命チームHP

 ・ヒト白血病ウイルス-I型(HTLV-I)の母子感染についてはこちら(厚生労働省HP)

 ・妊婦健康診査におけるHTLV-1抗体検査の実施に関する通知の改正についてはこちら (厚生労働省HP)

 



最新の5件
2011年08月29日
最終話【全力】「最後の1日まで」... 退任直前の取り組みと、これから
2011年08月29日
菅政権の仕事・総括報告(5):大震災からの復旧・復興とエネルギー政策の転換
2011年08月29日
菅内閣の一週間(8月22日~8月28日)
2011年08月28日
菅政権の仕事・総括報告(4):外交・安全保障
2011年08月27日
菅政権の仕事・総括報告(3):国民・市民の目線からの取組

KAN-FULL BLOGについて

日本の元気を回復する「カンフル剤」たるべく、カン総理がフル回転。KAN-FULL BLOG(カンフル・ブログ)は、本人直筆で、動画出演で、更にスタッフ証言等で、立体的に発信しています。

カテゴリ

  • KAN-FULL TV(28) 多忙な公務の数分の隙間を見つけては、カメラに向かって総理が構えずに語ります。
  • 一歩一歩(33) 派手なニュースにはなりにくくても、着実に進む菅政権の諸政策。わかりやすくお伝えします。
  • 先を見すえて/菅直人直筆のページ(48) 中長期的な政策テーマについて、思うところを総理自身が一人称で随時執筆。最も一般的な「ブログ」風のコーナーです。
  • 官邸雑記帳(26) 間近だから見える、総理周辺のあれこれ。官邸スタッフ等が気軽につづります。
  • 菅内閣の一週間(33) 先週の菅内閣で、何が起きたか、進んだか。主な会議や行事等の内容について、わかりやすくお伝えします。
  • RSS1.0
  • RSS2.0
KAN-FULL BLOG http://kanfullblog.kantei.go.jp/