01/19(水曜日)

第12話【孤立】 「一人ひとりを包摂する社会」特命チーム スタート!

 

「昨日(1/18)発足した"ホウセツ"の特命チームって、何なの?」という質問にお答え。
単なる"弱者対策"を超えた、新しい社会の形をつくろう、という大構想です。
今回はまず、導入編。

 

≫スマートフォン等で動画が表示されない場合はこちら からご覧ください。
≫携帯の方はこちらから動画をご覧ください。

 

総理:今、重視しているのは、「孤立化」という新たな社会リスクに対する取組です。

 

   7ヶ月前、総理大臣就任直後の演説でこう宣言していた菅総理。
   その"取組"が今週、いよいよ具体的な組織として動き出しました。

   支え合いのネットワークで、新しい社会の形をつくることを目指す特命チーム。
   その名称も、既に最初の演説で示されていました。

 

総理:誰ひとりとして排除されることのない社会、すなわち「一人ひとりを包摂する社会」の実現を目指します。

 

   初会合で検討された、様々な現状データ。
   一人暮らし高齢者、児童虐待、不登校、DV、離婚、貧困、
   非正規雇用、孤独死、そして自殺...

 

総理:自殺をする人の原因を見ると、単に貧しいだけで自殺する人はあまりいない。貧しい上に、誰も友達がいない。まして、頼りになる家族がいない。そういう孤立と貧困が重なった時に、非常に自殺に追い込まれる。

 

   自殺対策に最前線で取組むNPO「ライフリンク」代表の、清水康之さん。
   内閣府参与として、この特命チームの中心メンバーに加わり、
   会議と現場とを直結させます。

 

清水内閣府参与:言いっぱなしにならないように、関わり続けるということが重要だと思っているので、何か提言したのであれば、関わっていくことによってちゃんと着地させる。そこまで責任を負える状況になってきているんだと思います。

 

   かつて年越し派遣村の村長を務めるなど、貧困問題に現場で関わり続ける
   湯浅誠さんも、中心メンバーの1人。
   役所の縦割りでない今回の体制に期待します。

 

湯浅内閣府参与:生活苦と多重債務と児童虐待とかっていうのが色々重なっていくのでね、それは省庁横断的にしか出来ないんですよね。そういう意味では、官邸でこういう取組をやろうというふうに座ったのは、非常にありがたいと思っています。

 

   こうして、関連する様々な省庁や民間の専門家が結集して、
   特命チームは動き出しました。

 

福山内閣官房副長官:日本社会のいわゆる政府も含めてですが、セーフティーネットのどこに穴があるのか。

 

清水内閣府参与:受け皿を強化し、しかもそういうことをやってるということを啓発することによって結果的に自殺を防ぐことができる。

 

総理:コールセンターという形で、1年365日24時間、全国どこにいても必ず誰かが電話を受けられる。

 

湯浅内閣府参与:この状態はもはや一部の人の問題とは到底言えないレベルまできていますから、これをずっと放置しておくと社会的な持続の可能性はないだろうと。

 

   特命チームはこれから、個々人のニーズに応じた支援体制を
   急ピッチで立ち上げるのと共に、実態調査を経て、孤立を未然に予防する対策、
   孤立した人を包み込む対策の両面を提言してゆきます。

 

総理:まさにみんなが出番と居場所のある社会にしていくための最も重要な課題だと思っておりますので、どうかよろしくお願いします。

 

【関連リンク】

 ・「一人ひとりを包摂する社会」特命チーム

 ・総理の動き-「一人ひとりを包摂する社会」特命チーム

 ・「一人ひとりを包摂する社会」の構築に向けた課題
  グラフを使って分かりやすく現状を説明しています。

 



最新の5件
2011年08月29日
最終話【全力】「最後の1日まで」... 退任直前の取り組みと、これから
2011年08月29日
菅政権の仕事・総括報告(5):大震災からの復旧・復興とエネルギー政策の転換
2011年08月29日
菅内閣の一週間(8月22日~8月28日)
2011年08月28日
菅政権の仕事・総括報告(4):外交・安全保障
2011年08月27日
菅政権の仕事・総括報告(3):国民・市民の目線からの取組

KAN-FULL BLOGについて

日本の元気を回復する「カンフル剤」たるべく、カン総理がフル回転。KAN-FULL BLOG(カンフル・ブログ)は、本人直筆で、動画出演で、更にスタッフ証言等で、立体的に発信しています。

カテゴリ

  • KAN-FULL TV(28) 多忙な公務の数分の隙間を見つけては、カメラに向かって総理が構えずに語ります。
  • 一歩一歩(33) 派手なニュースにはなりにくくても、着実に進む菅政権の諸政策。わかりやすくお伝えします。
  • 先を見すえて/菅直人直筆のページ(48) 中長期的な政策テーマについて、思うところを総理自身が一人称で随時執筆。最も一般的な「ブログ」風のコーナーです。
  • 官邸雑記帳(26) 間近だから見える、総理周辺のあれこれ。官邸スタッフ等が気軽につづります。
  • 菅内閣の一週間(33) 先週の菅内閣で、何が起きたか、進んだか。主な会議や行事等の内容について、わかりやすくお伝えします。
  • RSS1.0
  • RSS2.0
KAN-FULL BLOG http://kanfullblog.kantei.go.jp/