2011年5月

05/31(火曜日)

日本の新たなスタートに向けて~政策推進指針~

 

(1)日本再生に向けた道筋~政策推進指針を閣議決定

5月17日、政府は、震災前から進めていた基本政策を進める再スタートのための「政策推進指針」を閣議決定しました。

 

この指針は、菅内閣が震災前に進めてきた成長戦略を、今回の震災による影響を踏まえて再設計したもの。日本が、再生に向けて新たなスタートを切るための大きな道筋を示す指針です。

 

電力制約、サプライチェーンの毀損、日本製品の風評被害―
今回の震災は、被災者の皆様に与えた多大な悲しみや苦難に加え、日本経済全体にもはかりしれない影響をもたらし、そこからの回復は、日本にとって、新たな重石となっています。

 

一方、少子高齢化、人口減少、20年にも渡る経済の停滞といった、日本が震災前から直面していた問題は、依然として克服すべき課題として残っています。

 

真の意味で日本が立ち直り、新たなスタートを切るためには、「危機の中の危機」である震災からの復旧・復興をしっかりと進めると同時に、改めてこれらの課題と向き合い、取り組んでいくことが不可欠です。

 

(2)再生に向けたアクションの土台となる経済財政運営

「政策推進指針」では、まず、再生に向けた具体的なアクションを支える土台となる、しっかりとした経済財政運営のための基本的な方針を示しています。

 

具体的には、今回の大震災が日本経済にもたらす影響を踏まえた上で、当面、短期、中長期というタイムスパンを区切り、今後、次のように進めていきます。

 

■ステップ1:当面~震災からの早期立ち直り
被災者支援や災害復旧等に最優先で取り組みます。同時に、自粛ムードの払しょくや生産設備・施設の再建、電力の需給対策、サプライチェーンの復旧・再構築、雇用対策、国内外の風評被害の防止などに政策を集中します。

 

■ステップ2:短期(今後3年程度)~自立的成長への土台づくり
本格的な復興とともに、電力制約への政策対応や災害に強いエネルギー供給体制の構築、日本ブランドの復活・強化、企業や人材の海外流出防止や海外からの人材等の流入確保、国内外の風評被害の克服等を通じた観光需要の回復等を推進します。
震災復興に必要な財源の確保や社会保障・税一体改革も実行に移します。

 

■ステップ3:中長期~持続可能な自律的成長の実現
安全・安定供給・効率・環境の要請に応える新たなエネルギー・環境構造、巨大リスクに備えた強じんな経済構造の実現などの取組を強化し、持続可能で自律的な成長を実現します。
さらに、社会保障・税一体改革を継続することにより、財政・社会保障の持続可能性を確固たるものにします。

 

こうしたタイムスパンに沿った経済財政運営を着実に実行することで、中長期的には、従来から想定していた3%程度の経済成長を目指します。財政についても、震災復興の財源確保、社会保障・税一体改革などにより、財政健全化を着実に進めます。

 

P201105311

今後の政策対応(当面、短期、中長期)

 

(3)具体的なアクション①財政・社会保障の持続可能性確保

このような経済財政運営の土台の上に立って進められる、日本の再生に向けた具体的なアクション―
それは、震災で中断していた政策を単純に再開するものではなく、震災によって明らかになった日本の弱点を克服するとともに、信頼を回復し、世界との絆を強めていくような「質的な転換」を伴ったものであることが必要です。

 

こうした前提に立ち、「政策推進指針」では、具体的なアクションを2つの柱で進めることにしています。

 

1つ目の柱は、「財政・社会保障の持続可能性確保」。

 

具体的には、まず、社会保障と税制のあるべき姿を目指す「社会保障・税一体改革」について、集中検討会議の議論を進め、6月末までに改革案をとりまとめます。

 

また、日本の財政再建の基本戦略を示した財政運営戦略について、本年半ば頃には、当面3年間の予算編成方針を示す中期財政フレームを改訂して、財政健全化を着実に推進します。

 

(4)具体的なアクション②新たな成長へ向けた国家戦略の再設計・再強化

2つ目の柱は、「新たな成長に向けた国家戦略の再設計・再強化」。

具体的には、日本の成長力を高めるための戦略である「新成長戦略」を東日本大震災による影響を踏まえ、次のように見直します。

 

ⅰ)革新的エネルギー・環境戦略
今回の大震災が引き起こした原子力災害をきっかけに我が国の電力制約が重要課題となり、従来の環境・エネルギー戦略を見直す必要が出てきました。このため、今後は、安全・安定供給・効率・環境の要請に応える、「革新的エネルギー・環境戦略」を検討します。

 

ⅱ)空洞化防止・海外市場開拓戦略
震災や原子力災害によって、企業にとっての日本の魅力が低下したり、日本製品への風評被害や日本ブランドそのものの評判が低下することが心配されます。
そこで、海外市場をしっかりと開拓するため、サプライチェーンの復旧・再構築や風評被害の防止策などに加え、企業の立地競争力の強化、巨大リスクに備えた経済・産業構造の構築、未来を拓く戦略的・重点的イノベーションの推進などを検討します。

 

ⅲ)国と国の絆の強化に向けた戦略
日本の成長にとって、勃興著しいアジアや世界の成長エネルギーを取り込んでいくことが大切です。このため、昨年11月には「包括的経済連携に関する基本方針」を策定し、高いレベルの経済連携推進や経済安全保障の確立等に取り組んできました。
今後もこの考え方はしっかりと維持しつつ、震災を契機とした国と国との絆の強化に関する基本的考え方を検討します。

 

ⅳ)農林漁業再生戦略
東日本大震災は、農林漁業に大きな打撃を与えました。農林漁業を再生するため、まずは震災からの復旧・復興に全力を尽くします。
さらに、「食と農林漁業の再生実現会議」では、東日本の農林漁業の復興や日本の農水産物の信認回復という新たな課題に応える対応策を検討します。

 

(5)むすび

このような「政策推進指針」で示した方針を着実に実行に移していくため、5月から、成長戦略の司令塔である「新成長戦略実現会議」をはじめ、「FTAAP・EPAのための閣僚会合」など、様々な会議が続々と再スタートしています。

 

P201105312

新成長戦略会議(5月19日)に出席する菅総理

 

政府は、引き続き、被災者の皆様が少しでも早く元の生活に戻れるよう、被災地の復興が少しでも早く進むよう、震災からの復旧・復興を進めるとともに、「政策推進指針」で示した日本再生の取組を本格稼働させ、力強い日本を復活させるため、全力を挙げて組んでいきます。

 

05/30(月曜日)

菅内閣の一週間(5月23日~5月29日)

 

総理は、フランス・パリでのOECD50周年記念行事、ドーヴィルにおいて開催されたG8サミット、ベルギー・ブリュッセルでの日EU定期首脳協議などに出席しました。また、G8各国の首脳などと会談を行いました。
一連の外交日程において、総理は、東日本大震災に直面した日本に対する、世界各国や国際機関などからの支援や激励に対する感謝の意を表すとともに、今回の原子力事故への対応や、今後の原子力安全の確保に向けた取り組みを説明し、日本の再生に向けた決意を述べました。

下の表(画像)をクリックすると大きく表示されます。(官邸HPへ)

P20110530

 

05/29(日曜日)

「優しき心」と「起き上がり小法師」

 

パリでのOECD50周年記念行事、ドーヴィル(フランス)でのG8サミット及び各国との首脳会談、ブリュッセル(ベルギー)での日EU定期首脳協議を終えて、帰国しました。

 

サミットは、私にとっては去年のムスコカ(カナダ)に続き2度目の出席でした。首脳陣の顔ぶれも全員同じで、議長のサルコジ大統領は皆をファースト・ネームで呼び、私もリラックスして臨むことができました。

 

しかし一方で、去年とは違う緊張もありました。日本に対する注目です。初日のランチ会合でも、「まず、ナオトから」とサルコジ議長が私に冒頭発言を求めるなど、今回のサミットは、震災と原発事故について国際社会に直接伝える重要な場となりました。

 

各国首脳全員から、日本へのお見舞いと、冷静に勇気をもって立ちあがっている日本人に対する尊敬の念が口々に語られ、とても力づけられました。これは、日本国民全体、中でも被災者の皆さんに対する伝言ですので、この場で御報告いたします。

 

また、今回の外交日程の締めくくりとなった、EU首脳との共同記者会見でも、被災地への思いがこもった言葉をいただきました。EUのファンロンパイ大統領が、コメントの最後に、前夜作られたという俳句を英語で披露されたのです。

 

「嵐去り 後に残るは 優しき心」

 

壇上で初めてこの句を拝聴した私は、その場で同時通訳をメモし、自分のコメントの締め括りに、もう一度この句を、感謝をこめて今度は日本語で詠ませていただきました。「後に残るは...」まで詠んだところで胸が一杯になり、一瞬、声が詰まってしまいましたが。

 

ファンロンパイ大統領は、自作の句集「HAIKU」を出版されているほどの、俳句の愛好家です。去年お会いした時には、私がこの句集を持って行くと、自らサインをして下さいました。今回の首脳協議も「KIZUNA(絆)サミット」と名付けられ、EU側から我が国への、強い連帯感を示していただきました。

 

―――今回、私は上着のポケットに、小さな「起き上がり小法師」をしのばせていました。先日、都内にある福島県産品ショップを訪ねた時に自ら買い求めた、伝統民芸品です。倒れても必ず再び起き上がる小法師の精神は、「日本は必ず復活する」という私から各国首脳へのメッセージに、確かな力を与えてくれました。

05/23(月曜日)

菅内閣の一週間(5月16日~5月22日)

 

震災復興と並び、日本再生に向けて、財政・社会保障の持続可能性確保と、新たな成長に向けた再始動の方針を提示する「政策推進指針」を閣議決定。週末には、日中韓サミットが行われ、防災や原子力安全分野を始め、経済成長や環境問題への取り組みなどに関して三国間の包括的なパートナーシップの強化などの首脳宣言が取りまとめられました。

下の表(画像)をクリックすると大きく表示されます。(官邸HPへ)

P20110523

 

05/22(日曜日)

第20話【復興支援】買い物で「復興アクション」!
~総理、福島県産品店へ~

 

風評被害に苦しむ福島県を応援しようと、東京駅前の県産品ショップには震災後、多くのお客さんが訪れています。そこに菅総理も買い物へ。完売した地酒の事情、伝統工芸品にこめられた思い。総理も思わず、取材を終えた報道陣に一言...

 

≫スマートフォン等で動画が表示されない場合はこちら からご覧ください。
≫携帯の方はこちらから動画をご覧ください。

 

<店頭に立つ、のぼりを指さす>

総理:あそこにありますよね、『復興アクション』というのが。いろんな形で応援しようということで、今日は食べて飲んで応援する気持ちでこちらへやって来ました。

 

福島県 八重洲観光交流館(東京・中央区)

<店の前で呼び込みをするスタッフ>

スタッフ:おはようございます。ぜひお寄りください。ありがとうございます。

 

<混み合う店内>

2009年オープン、福島の観光情報と産品を提供。
市町村が物販イベントなどを開催

 

<5月8日、総理も買い物に来た―>

 

<店の前で報道陣に話す>

総理:(この交流館に)伸子(夫人)が前に来て「いろいろなものがあったよ」と言っていたんで、一度来てみたいと思って、こうやってきました。

 

<店内で>

館長:今、平日でも非常に5月のちょうど連休前は店内混みあっていたんで、そういう(混んでいる)タイミングで(伸子夫人の来店に)気がつかなかったですね。

 

総理夫人も気づかれないほどにぎわう店内
震災後、応援の客が急増し、売上げが例年の7~8倍に達する日も

 

<店内で買い物客に声をかける>

総理:どちらから来たの?

子供:足立区から...

総理:応援のために来てくれたの?

子供:[うなずく]

 

<福島県産品を試食する総理>

女性店員:こちらが豆腐の味噌漬けの...

総理:あっ...[顔がほころぶ]

女性店員:んー、濃厚でしょう。[総理うなずく]大豆の熟成された...

総理:高級チーズみたい

女性店員:本当ですね。

 

豆腐には福島県産の大豆を使用
独自にブレンドした味噌に3ヶ月以上漬け、低温熟成させた商品

 

総理:これ本当に美味しい。これが福島のどこだっけ?

女性店員:南相馬市

館長:震災後はやはり2週間ほど営業ができなかった。

 

<店員が総理の杯に日本酒を注ぐ>

総理:ありがとう。[飲む]スッキリしたお酒だね。

女性店員:大吟醸ですので。(全国の)新酒鑑評会で金賞も受賞しています。(通算10回)

男性:さっきの会津のお酒も、福島県もそうですけど、売れないんですよ、風評で。対策も国の方で何か講じてもらえればありがたいんですけどね、テレビあたりか何かで。

 

<風評被害を受ける銘酒 その一方で―>

総理:飯舘のお酒もあるとか聞いたんだけど、ここに。

館長:きのう...

総理:売り切れ?

館長:金・土で完売しました。

総理:売り切れ?

館長:2日間で800本。

 

全村避難が始まった飯舘村の地酒
今年はコメの作付けが制限され、原料の収穫ができないので...

 

館長:"幻の酒"と言われてます。金曜、土曜日で朝から多くのお客さんが並んでいただいて、お買い上げいただきました。

 

<6つの皿と杯が全てカラに...>

官邸スタッフ:試食を全部食べる方は珍しいですよ。

総理:[照れ笑い]ちょうど、お昼ご飯で...。

女性店員:召し上がっていただいて、うれしい。

総理:ありがとうございました、本当に。大変美味しかった。

 

<産品を購入し、レジで会計をする総理>

女性店員2:合計で7843円でございます。

総理:これは何?

女性店員3:『起き上がり小法師』でございます。七転び八起きでございます。
今はこんなに苦戦しているけど、「絶対いける」って「大丈夫」っていう、希望が見えてくるような事に、結びつけられればいいなという思いで―

 

 

<買い物後、店の前で報道陣に>

総理:風評被害も含めて、ちゃんと責任があるものはちゃんと補償すべきだと。今日はそういう(補償の)前に、風評で売れないという事がないように、こういった安全なものはぜひ多くの皆さんに買ってもらいたいなと思って。

 

<取材が終わり、記者に向かって>

官邸スタッフ:はい、ありがとうございます。

総理:じゃあ、皆さんもせめて一つは買って帰ってね。取材だけじゃなくて、一つずつ買って帰ってね。

 

<帰り際>

交流館スタッフ:ありがとうございました。

総理:本当に頑張ってください。失礼します。

子供:バイバーイ

 

<全国の皆さんへメッセージ>

館長:やっぱり観光という面を見ますと、非常に福島県は厳しい状況なので、向こうに行って(産品を)買って下さるのが一番の助けになると思いますので、来ていただきたいと思います、福島に。

 

05/19(木曜日)

世界経済フォーラム シュワブ会長との会合

 

一昨日、ダボス会議を主催する世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ会長が官邸を訪問され、昼食を取りながら懇談を行いました。シュワブ会長には、今年1月のダボス会議にお招き頂き、日本の総理としてスピーチを行いました。そのスピーチにおいて紹介した日本精神を象徴する「絆」という言葉を、会長は大変印象深く受け止めて下さったようですが、今回の大震災においては、シュワブ会長を始めとする世界の友人・知人との「絆」の有り難さを、改めて感じた次第です。

 

1月のダボス会議において、シュワブ会長には、ノーベル経済学賞のジョセフ・スティグリッツ氏、前米国国家経済会議委員長ローレンス・サマーズ氏、投資家のジョージ・ソロス氏を始め、世界有数の有識者との意見交換の場を設けて頂きました。一国を預かるリーダーとして、首脳同士の会合も重要と思いますが、こうした世界的な専門家から直接に優れた見識を伺えるネットワークも重要であると考えています。

 

今回、シュワブ会長からは、年に何度か、テレビ電話会議を使って、こうした世界の有識者と貴重な意見の交換を行う「賢人会議」のような場を設けてはどうか、との提案をいただきました。すべてがグローバル化していく時代において、この日本という国の針路を過たないためには、一国のリーダーとして、グローバルな知のネットワークを広げ、積極的に活用していきたいと考えています。

 

05/16(月曜日)

菅内閣の一週間(5月9日~5月15日)

 

5月10日、総理は、記者会見を行い、「復旧の活動を強めると同時に、復旧から復興への足取りを進めていかなければなりません。また、原子力事故調査委員会を発足するに当たって、独立性、公開性、包括性という3つの原則が重要だと考えております」と述べました。

下の表(画像)をクリックすると大きく表示されます。(官邸HPへ)

P20110516

 

05/13(金曜日)

第19話【訪問】原発の直近から埼玉の避難所へ ...双葉町の皆さんとの対話

 

避難している皆さんと直結する、双葉町長。受入れ先としてニーズに応える、避難所の所在地の加須市長と埼玉県知事。そして、国の方針を伝え、一人一人の訴えを傾聴する菅総理。4者一体となっての全室巡回の模様をご覧ください。

 

 

≫スマートフォン等で動画が表示されない場合はこちら からご覧ください。
≫携帯の方はこちらから動画をご覧ください。

 

<予定を4時間も超えて、菅総理は避難所から出てきた―>

総理:全部の部屋でお話を聞くことができました。

 

埼玉・加須市 旧県立騎西高校

<総理との対話を前に、町民を気遣う町長>

双葉町長:皆さん、足を崩しましょう。私らもそうさせて下さい。

 

<約1200人の避難所で、町長が最初から最後まで総理を先導した>

 

<畳に座り、総理と向かい合う人々>

男性1:おらたち、福島県双葉町さば帰られるという見込みはあるんだべか。

 

総理:それが一番皆さんから聞かれた事なんです。最終的にどこが帰れるどこが帰れないという事をはっきり言えると思うんですよ。

 

男性2:一時帰宅の事なんですが、私、親の位牌を持って来たいと思います。

 

男性3:位牌持って来れる人はまだいいの。俺は家も何もねえの、流されて。

 

女性1:家は浜で流されたんですけども。でも、一回は戻ってみたいと思います。

 

双葉町長:想いは一緒だと思いますので、家がないから(一時立入は)だめだ、ではなくて。(家の跡に)行ってもらいたいと思ってます。

 

男性4:仮設住宅なんて必要ないんですよ。もう帰るところないんだから。双葉町は新生...新しいところを造ってもらいたいと。

 

<立ったまま、怒りを抑え訴える女性>

女性2:国会議員の人たちは私たちのことを、こうやって避難している本当にたくさんの人たちのことを考えてくれているのか。そこが分からないんですね。

 

総理:私も本当に責任を感じています。

 

<夫が東京電力の職員という女性>

女性3:(関係者の)家族はみんな、旦那さんが後々(被ばくの影響で)そういう大きな病気をするかもしれないって心配がありながらも、笑顔で「行ってらっしゃい」って言うしか無いんです。体を張ってみんな行っているんですよ。

 

総理:原子炉の事で、本当に体を張って頑張って頂いて、ありがとうございます。奥さんも大変でしょうけども、ご主人を支えて頑張って下さい。

 

<再び、畳に座って向かい合う>

女性4:例えば私の友達はいわきナンバーという理由だけでアイスクリームを投げられた。

 

総理:「人の気持ちを傷つけるようなことは言わないように」ということを、出来るだけいろいろな機会に言うようにします。

 

双葉町長:耐えられないときには、どうぞ私のところに来て、言ってください。何とかします。

 

女性5:シャワー室が出来ても多分人数的に無理だと思うんですけど。

 

埼玉県知事:5月20日までに下水管をきちっと作ります。そこで同時にお風呂も用意しますので、もうしばらく我慢していただけますか。

 

男性5:決着つくまでは総理辞めないで下さい。替わっちゃうとまたおかしくなっちゃう。

 

総理:とにかく責任からは逃げませんので。

 

男性6:本当に子供たちかわいそうです、本当に。どうしたらいいんですか、本当に。

 

女性6:子供も高校生なんですけど、進学とか就職とか自分が描いていたものは崩れ始めていて、こういう事でなんかいろんな事がだめになってしまうのは、悔やんでも悔やみきれないので。

 

総理:国も一緒になって、こちらの地元、埼玉とも一緒になってやれることは必ずやりますから。

 

<報道陣の取材に応える総理>

記者からの質問:5時間の訪問を終えての感想は―
総理:できるだけ元の生活にみなさんが戻っていただけるように努力しなければいけないと、改めて思ったところです。特に、「今後の子供たちのことを考えて自分たちはどうすればいいんだろうか」と。そういうお話が、一番、胸に突き刺さりました。

 

05/09(月曜日)

菅内閣の一週間(5月2日~5月8日)

 

5月2日、参議院本会議において、がれき処理など、復旧のための第1次補正予算案が可決、成立しました。また、総理は福島県双葉町の住民が集団避難している埼玉県加須市の避難所を訪問し、大勢の方からご意見やご要望などを伺いました

下の表(画像)をクリックすると大きく表示されます。(官邸HPへ)

P20110509

 

05/02(月曜日)

全党一致で、前へ

 

震災復旧のための第一次補正予算が今日成立しました。各党いろいろな意見は出ましたが、緊急に必要ということを理解していただき、全党賛成。これからはいよいよ、本格的な復興の体制づくりと、原子力事故に関する多くの課題に、さらに全力で取り組んでいきます。

 

05/02(月曜日)

菅内閣の一週間(4月25日~5月1日)

 

4月30日、衆議院本会議において、がれき処理などの復旧のための第一次補正予算案が可決。参議院へ送付されました。また、民間団体・企業が展開する被災地支援活動を政府として後押しして、日本全国の消費者の様々な行動を、被災地の応援につなげることを目的に、「復興アクション」キャンペーンを開始しました。

下の表(画像)をクリックすると大きく表示されます。(官邸HPへ)

P20110502

 

KAN-FULL BLOGについて

日本の元気を回復する「カンフル剤」たるべく、カン総理がフル回転。KAN-FULL BLOG(カンフル・ブログ)は、本人直筆で、動画出演で、更にスタッフ証言等で、立体的に発信しています。

カテゴリ

  • KAN-FULL TV(28) 多忙な公務の数分の隙間を見つけては、カメラに向かって総理が構えずに語ります。
  • 一歩一歩(33) 派手なニュースにはなりにくくても、着実に進む菅政権の諸政策。わかりやすくお伝えします。
  • 先を見すえて/菅直人直筆のページ(48) 中長期的な政策テーマについて、思うところを総理自身が一人称で随時執筆。最も一般的な「ブログ」風のコーナーです。
  • 官邸雑記帳(26) 間近だから見える、総理周辺のあれこれ。官邸スタッフ等が気軽につづります。
  • 菅内閣の一週間(33) 先週の菅内閣で、何が起きたか、進んだか。主な会議や行事等の内容について、わかりやすくお伝えします。
  • RSS1.0
  • RSS2.0
KAN-FULL BLOG http://kanfullblog.kantei.go.jp/