05/29(日曜日)

「優しき心」と「起き上がり小法師」

 

パリでのOECD50周年記念行事、ドーヴィル(フランス)でのG8サミット及び各国との首脳会談、ブリュッセル(ベルギー)での日EU定期首脳協議を終えて、帰国しました。

 

サミットは、私にとっては去年のムスコカ(カナダ)に続き2度目の出席でした。首脳陣の顔ぶれも全員同じで、議長のサルコジ大統領は皆をファースト・ネームで呼び、私もリラックスして臨むことができました。

 

しかし一方で、去年とは違う緊張もありました。日本に対する注目です。初日のランチ会合でも、「まず、ナオトから」とサルコジ議長が私に冒頭発言を求めるなど、今回のサミットは、震災と原発事故について国際社会に直接伝える重要な場となりました。

 

各国首脳全員から、日本へのお見舞いと、冷静に勇気をもって立ちあがっている日本人に対する尊敬の念が口々に語られ、とても力づけられました。これは、日本国民全体、中でも被災者の皆さんに対する伝言ですので、この場で御報告いたします。

 

また、今回の外交日程の締めくくりとなった、EU首脳との共同記者会見でも、被災地への思いがこもった言葉をいただきました。EUのファンロンパイ大統領が、コメントの最後に、前夜作られたという俳句を英語で披露されたのです。

 

「嵐去り 後に残るは 優しき心」

 

壇上で初めてこの句を拝聴した私は、その場で同時通訳をメモし、自分のコメントの締め括りに、もう一度この句を、感謝をこめて今度は日本語で詠ませていただきました。「後に残るは...」まで詠んだところで胸が一杯になり、一瞬、声が詰まってしまいましたが。

 

ファンロンパイ大統領は、自作の句集「HAIKU」を出版されているほどの、俳句の愛好家です。去年お会いした時には、私がこの句集を持って行くと、自らサインをして下さいました。今回の首脳協議も「KIZUNA(絆)サミット」と名付けられ、EU側から我が国への、強い連帯感を示していただきました。

 

―――今回、私は上着のポケットに、小さな「起き上がり小法師」をしのばせていました。先日、都内にある福島県産品ショップを訪ねた時に自ら買い求めた、伝統民芸品です。倒れても必ず再び起き上がる小法師の精神は、「日本は必ず復活する」という私から各国首脳へのメッセージに、確かな力を与えてくれました。



最新の5件
2011年08月29日
最終話【全力】「最後の1日まで」... 退任直前の取り組みと、これから
2011年08月29日
菅政権の仕事・総括報告(5):大震災からの復旧・復興とエネルギー政策の転換
2011年08月29日
菅内閣の一週間(8月22日~8月28日)
2011年08月28日
菅政権の仕事・総括報告(4):外交・安全保障
2011年08月27日
菅政権の仕事・総括報告(3):国民・市民の目線からの取組

KAN-FULL BLOGについて

日本の元気を回復する「カンフル剤」たるべく、カン総理がフル回転。KAN-FULL BLOG(カンフル・ブログ)は、本人直筆で、動画出演で、更にスタッフ証言等で、立体的に発信しています。

カテゴリ

  • KAN-FULL TV(28) 多忙な公務の数分の隙間を見つけては、カメラに向かって総理が構えずに語ります。
  • 一歩一歩(33) 派手なニュースにはなりにくくても、着実に進む菅政権の諸政策。わかりやすくお伝えします。
  • 先を見すえて/菅直人直筆のページ(48) 中長期的な政策テーマについて、思うところを総理自身が一人称で随時執筆。最も一般的な「ブログ」風のコーナーです。
  • 官邸雑記帳(26) 間近だから見える、総理周辺のあれこれ。官邸スタッフ等が気軽につづります。
  • 菅内閣の一週間(33) 先週の菅内閣で、何が起きたか、進んだか。主な会議や行事等の内容について、わかりやすくお伝えします。
  • RSS1.0
  • RSS2.0
KAN-FULL BLOG http://kanfullblog.kantei.go.jp/