06/29(水曜日)

B型肝炎、決着にあらず

 

昨日は、B型肝炎訴訟原告団の皆さんと官邸で対面し、国を代表してお詫びをしました。母子感染による悲痛な思い、いろいろな形での差別など、何人もの患者さんから直接お話を伺いました。

 

15年前、薬害エイズの時にも、厚生大臣として患者の皆さんにお詫びをしました。B型肝炎は予防注射の注射器の使い回しを国が長年放置したことによる感染拡大で、薬害エイズとは原因は異なりますが、またもこうした事態を防げなかったことは、行政の責任者として痛恨の極みです。

 

薬害エイズでは、和解が成立した頃、発症を抑える画期的な新薬が開発されて、亡くなる方は激減しました。昨日の席でも、広島原告団の方からB型肝炎の発症を抑える治療薬の研究開発に対する強い要望も受け、早速その場で、厚生労働大臣に強く指示しました。

 

和解のための基本合意書への調印だけでは、もちろん決着とは言えません。「まだこの問題解決へのスタートライン」だ、と昨日私が申し上げた時、患者の皆さんの席で、何人もの方が頷いていらっしゃいました。この言葉を実際の行動に表すことが、今日からの国の務めです。

 



最新の5件
2011年08月29日
最終話【全力】「最後の1日まで」... 退任直前の取り組みと、これから
2011年08月29日
菅政権の仕事・総括報告(5):大震災からの復旧・復興とエネルギー政策の転換
2011年08月29日
菅内閣の一週間(8月22日~8月28日)
2011年08月28日
菅政権の仕事・総括報告(4):外交・安全保障
2011年08月27日
菅政権の仕事・総括報告(3):国民・市民の目線からの取組

KAN-FULL BLOGについて

日本の元気を回復する「カンフル剤」たるべく、カン総理がフル回転。KAN-FULL BLOG(カンフル・ブログ)は、本人直筆で、動画出演で、更にスタッフ証言等で、立体的に発信しています。

カテゴリ

  • KAN-FULL TV(28) 多忙な公務の数分の隙間を見つけては、カメラに向かって総理が構えずに語ります。
  • 一歩一歩(33) 派手なニュースにはなりにくくても、着実に進む菅政権の諸政策。わかりやすくお伝えします。
  • 先を見すえて/菅直人直筆のページ(48) 中長期的な政策テーマについて、思うところを総理自身が一人称で随時執筆。最も一般的な「ブログ」風のコーナーです。
  • 官邸雑記帳(26) 間近だから見える、総理周辺のあれこれ。官邸スタッフ等が気軽につづります。
  • 菅内閣の一週間(33) 先週の菅内閣で、何が起きたか、進んだか。主な会議や行事等の内容について、わかりやすくお伝えします。
  • RSS1.0
  • RSS2.0
KAN-FULL BLOG http://kanfullblog.kantei.go.jp/