07/22(金曜日)

第25話【原発】事故収束、第2ステップへ 作業を担う人たちと総理の対話

 

政府・東電の「工程表」は、目標通りステップ1が達成されました。それを実現して下さった現場の作業の皆さんに、直接会いに行った総理。感謝と激励と、ニーズの聴取に努め、一丸となってステップ2に臨みます。

 

≫スマートフォン等で動画が表示されない場合はこちら からご覧ください。
≫携帯の方はこちらから動画をご覧ください。

 

<7月16日 東電福島第一原発の事故収束作業従事者の拠点「Jヴィレッジ」にて>

<自衛隊員の皆さんを激励>
総理:皆さんの犠牲的な精神で、頑張っていただいた結果、その形が《ここまで来た》のだと、こう思っております。

 

<7月19日 第17回原子力災害対策本部>

総理:《ステップ1の終了》の時期に、ちょうどなりましたので、こういう形で(会合を)開かせていただきました。

 

月1回更新される、福島第一原発の事故収束に向けた工程表(ロードマップ)
今、どの段階にいるのかを示すマークは、毎月着実に右へ移動して、今月17日ついに"ステップ1"達成まで漕ぎ着けました。原子炉の『安定的な冷却』が、達成されたのです。

この工程表の実現を、身体を張って担っているのが、現場で作業にあたる皆さん。
その拠点に使われている「Jヴィレッジ」という施設を、総理は既に2回、激励で訪問しています。1度目は、事故発生から3週間後。

 

<4月2日 最初の「Jヴィレッジ」訪問>

自衛隊員A:テントが3つあります。それぞれが除染所ということで。

 

総理:ここは自衛隊が1系列と、あと東電が...

 

自衛隊員B:2系列。かなり高いレベルで、除染することが出来ます。

 

<インターネットを使ったテレビ会議について説明を受ける>
東電職員:今は8元中継。ずっとつけっぱなしです。夜でも何かあれば、ここで。

 

<常に、東電本店・福島第一原発・福島県庁などと中継が繋がっており、テレビモニターには各中継先の映像が映されている。>

 

<各中継先に向けてメッセージ>
総理:本当にご苦労頂いてますけども、何としてもこの福島原発をコントロールできるように...

 

と、檄を飛ばしてから3カ月。

 

<7月19日 第17回原子力災害対策本部>

総理:ステップ1に関して、ここまで物事が進んだのは、やはり何と言っても、現場で本当に頑張っておられる皆さん---私も2度目になりますが、この土曜日に行ってまいりましたけれども、そういった皆さんの努力だと、このように思っております。

 

<7月16日 「Jヴィレッジ」を再訪>

<自衛隊員の皆さんを激励>
総理:「しっかりした日本というものを立て直した」と、「その最前線で皆さんが戦いきった」という、そういう結果を是非、出していただきたい。

 

事故当日から陣頭指揮を執り続けている、福島第一原発の吉田所長とも、ここで再び対面。その途中...

 

吉田所長:あ、地震だ! これが怖いんですよね。

 

総理:余震が恐いですね。

 

そして今、《余震》とともに作業を邪魔する、もう1つの自然現象が...

 

吉田所長:この《暑さ》でございますので、今日も3000人くらいの人が現場で働いておりますので、《熱中症》とケガの防止と。

 

現場で作業する皆さんも、口々に総理に直訴しました。

 

医療担当者:あれ(防護スーツ)は、こういった(今いる室内のような)涼しい環境で、あれを着て少し動いただけでも、汗だくになるくらいの本当に過酷なもので...

 

作業従事者1:今、皆(涼しいうちに)早出をしてやっているんですよ。朝4時に出勤して。ほとんどが皆、早出をしています。

 

作業従事者2:(放射線量の)検査に行く時間も結構(かかる)し、人数も多いものですから...

 

作業従事者1:この近辺に検診センターみたいなものが設立されると、非常に助かりますね。

 

総理:政府としても、やれることは何でもやるという覚悟で対応していきますので、よろしくお願いします。

 

<膝詰めの対話を終え、立ち上がって作業者の皆さんと握手する総理>

これから、現場の皆さんは次なる目標="ステップ2"へ。
放射線被害の拡大防止をさらに進め、今後3~6カ月以内に、原子炉を安定的に停止させる『冷温停止状態』の実現を目指して、懸命の作業を続けます。

 



最新の5件
2011年08月29日
最終話【全力】「最後の1日まで」... 退任直前の取り組みと、これから
2011年08月29日
菅政権の仕事・総括報告(5):大震災からの復旧・復興とエネルギー政策の転換
2011年08月29日
菅内閣の一週間(8月22日~8月28日)
2011年08月28日
菅政権の仕事・総括報告(4):外交・安全保障
2011年08月27日
菅政権の仕事・総括報告(3):国民・市民の目線からの取組

KAN-FULL BLOGについて

日本の元気を回復する「カンフル剤」たるべく、カン総理がフル回転。KAN-FULL BLOG(カンフル・ブログ)は、本人直筆で、動画出演で、更にスタッフ証言等で、立体的に発信しています。

カテゴリ

  • KAN-FULL TV(28) 多忙な公務の数分の隙間を見つけては、カメラに向かって総理が構えずに語ります。
  • 一歩一歩(33) 派手なニュースにはなりにくくても、着実に進む菅政権の諸政策。わかりやすくお伝えします。
  • 先を見すえて/菅直人直筆のページ(48) 中長期的な政策テーマについて、思うところを総理自身が一人称で随時執筆。最も一般的な「ブログ」風のコーナーです。
  • 官邸雑記帳(26) 間近だから見える、総理周辺のあれこれ。官邸スタッフ等が気軽につづります。
  • 菅内閣の一週間(33) 先週の菅内閣で、何が起きたか、進んだか。主な会議や行事等の内容について、わかりやすくお伝えします。
  • RSS1.0
  • RSS2.0
KAN-FULL BLOG http://kanfullblog.kantei.go.jp/