08/15(月曜日)

第26話【平和】「非核特使」創設から1年 広島・長崎で総理に活動報告会

 

世界に被爆体験を語り継ぐ、政府委嘱の「非核特使」。昨年の広島平和祈念式での挨拶で、菅総理が提唱して始まったこの制度は、1年で確かな成果を上げました。そして、報告会で特使たちが口々に語った、3月11日以降の海外の聴衆たちの質問とは―――

 

 

≫スマートフォン等で動画が表示されない場合はこちら からご覧ください。
≫携帯の方はこちらから動画をご覧ください。

 

<8月6日 広島 平和祈念式>

アナウンス:間もなく8時15分になります。...黙祷。

 

<原爆が投下された、午前8時15分 「平和の鐘」が鳴らされる>

<黙祷を捧げる、総理>

 

<あいさつ>
総理:昨年、この式典で、私は《『非核特使』の派遣》を提唱しました。(非核特使に)世界各地で核兵器の悲惨さや、平和の大切さを発信していただきました。

 

   被爆体験を世界に語り継ぐ、非核特使。
   今までに、延べ35人が政府から委嘱を受けました。(8月8日現在)

 

KAN-FULL TV 14話より――「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に向かう壷井進さん>

壷井さん:私の家が今の広島の平和公園の中にありました。その時にいた街の人は、全員が亡くなりました。

 

   制度ができて1年。今回、広島・長崎で開かれた初めての報告会には、
   
地球一周証言の旅から戻った、壷井進さんの姿も...。

 

<8月6日 広島での報告会にて>

壷井さん:私たちは13の寄港地で、14回の証言を行いました。特にコロンビアではサントス大統領の歓迎、どこの会場も満員、熱心に耳を傾けていただきました。

 

   報告会の場で、自作のDVDを手渡したのは、非核特使の田邊雅章さん。
   原爆投下前の爆心地の風景を克明に映像で再現し、
   《何が〝失われた〟のか》を世界に訴えています。
   田邊さんは少年時代、今の原爆ドームの隣に住んでいました。

 

田邊さん:一被爆市民としては、なかなか成し得ない訴求や啓発も、(『非核特使』という)国のバックアップのお陰をもちまして、現地メディアの扱いも格別な対応でした。

 

<再び、KAN-FULL TV14話より――被ばく2世として初めて非核特使の委嘱を受けた、阪口博子さん>

阪口さん:《被ばく2世》というのは、親の身体を通して原爆放射線の影響を受けているわけですから、《被爆者と同様の思い》を持っております。

 

   ...と、地球一周証言の旅に出る当日、力説していた阪口博子さん。
   実際に世界を回ってみて、こんな手応えを得たと言います。

 

<8月9日 長崎での報告会にて>

阪口さん:これから先、《被爆体験を引き継ぐ》という意味で、被ばく2世の存在がこれから、ますます大変重要になってくると思っております。

 

総理:世界の中で広島・長崎が語り継がれて、100年経っても1000年経っても、長崎以降(核兵器の被害)は無かったと言えるような世界にするという。ぜひご協力を、よろしくお願いいたしたいと思います。

 

<海外での証言風景>

   非核特使が訪れた国は、これまで22カ国。(8月8日現在)
   しかし、被爆の証言を聞く海外の人たちには、3月11日以降、ある変化が...。

 

<その変化について報告会で語る非核特使>

田崎昇さん:「日本は被爆国であり、放射能の恐ろしさを知っているのに...

 

壷井さん:...なぜたくさんの原発を?」という疑問が寄せられました。

 

阪口さん:非常に(海外の)皆さんが不思議に思われているということが、異様に私たちも《胸に応えました》。

 

   日本を襲ったもう一つの放射能被害に対する海外の人たちの関心。
   非核特使たちは揺さぶられました。

 

<8月9日 長崎 平和祈念式典>

<あいさつ>
総理:今回の事故を、人類にとっての《新たな教訓》と受けとめ、そこから学んだことを世界の人々や将来の世代に伝えていくことが、《我々の責務》であると考えています。

 

<原爆が投下された、午前11時2分>
アナウンス:黙祷

 

<黙祷を捧げる総理>

<「長崎の鐘」が鳴り響く>

 



最新の5件
2011年08月29日
最終話【全力】「最後の1日まで」... 退任直前の取り組みと、これから
2011年08月29日
菅政権の仕事・総括報告(5):大震災からの復旧・復興とエネルギー政策の転換
2011年08月29日
菅内閣の一週間(8月22日~8月28日)
2011年08月28日
菅政権の仕事・総括報告(4):外交・安全保障
2011年08月27日
菅政権の仕事・総括報告(3):国民・市民の目線からの取組

KAN-FULL BLOGについて

日本の元気を回復する「カンフル剤」たるべく、カン総理がフル回転。KAN-FULL BLOG(カンフル・ブログ)は、本人直筆で、動画出演で、更にスタッフ証言等で、立体的に発信しています。

カテゴリ

  • KAN-FULL TV(28) 多忙な公務の数分の隙間を見つけては、カメラに向かって総理が構えずに語ります。
  • 一歩一歩(33) 派手なニュースにはなりにくくても、着実に進む菅政権の諸政策。わかりやすくお伝えします。
  • 先を見すえて/菅直人直筆のページ(48) 中長期的な政策テーマについて、思うところを総理自身が一人称で随時執筆。最も一般的な「ブログ」風のコーナーです。
  • 官邸雑記帳(26) 間近だから見える、総理周辺のあれこれ。官邸スタッフ等が気軽につづります。
  • 菅内閣の一週間(33) 先週の菅内閣で、何が起きたか、進んだか。主な会議や行事等の内容について、わかりやすくお伝えします。
  • RSS1.0
  • RSS2.0
KAN-FULL BLOG http://kanfullblog.kantei.go.jp/