先を見すえて/菅直人直筆のページ

08/29(月曜日)

はるか先を見すえて---

 

今日の民主党代表選で、野田佳彦財務大臣が次期代表に決定しました。明日には、国会で総理の指名を受けることになります。野田新代表は、これまでも財政健全化などを重視して取り組んできてくれており、落ち着いた人柄で党をまとめてゆく上でも期待しています。

 

私自身は、退任のめどとしていた第二次補正予算、再生可能エネルギー促進法、そして公債特例法の3案件が8月26日までに全て成立し、スムーズに退任手続きを進めることが出来ました。退任後も、再生可能エネルギーの促進は、ライフワークとして取り組んで行くつもりです。

 

実は再生可能エネルギーに関連して、私は最後は「植物党」を作りたい、と思っています。地球を救い、人類を救うのは《植物》だ、と確信しているからです。それは何故か。地球の誕生からの歴史を見れば、一目瞭然です。

 

火星と金星の大気は何からできているか、ご存じですか。実は約95%が二酸化炭素です。そして、45億年前誕生した時の地球の大気も、実は95%以上が二酸化炭素だったと言われています。それが、現在0.04%以下まで減少したのはなぜか。それはすべて、植物の力によるのです。

 

まず、生物を殺す作用の強い太陽からの紫外線の影響を受けにくい海の中で、植物(藻)が発生。その葉緑素による炭酸同化作用で、二酸化炭素が酸素と炭素に分解され、酸素が大気中に拡散しました。その酸素Oからオゾン層Oがうまれ、紫外線を遮断。植物は陸上に上がり、大森林などを作って石炭などの形で炭素を固定化し、酸素の成分が多い今の大気が生まれました。こうした環境の下で、初めて私たち動物が生まれることができたのです。

 

人間が使うエネルギーも、産業革命で石炭を燃すようになるまでは、大半を植物から得ていました。ある学者は、「地球上の植物の1年間の成長分の8分の1だけを利用して、それを腐らせる代わりに全てエネルギーに変換できれば、全人類が現在1年間に使っているエネルギー総量をまかなえる」と試算しています。二酸化炭素を出すプロセスを利用するだけなので、これによって大気中の二酸化炭素の総量が増大することはありません。この様に、風力や太陽光エネルギー以上に大きな可能性を持つのが植物、つまりバイオマス・エネルギーです。

 

これを震災復興の事業にも採り入れるため、まず、がれきの中の木材を活用し、将来は林業から出る端材を活用するバイオマス発電所の調査費を、10件分1億円、2次補正予算でつけました。本格的事業は、第3次補正で対応して欲しいと思っています。

 

---最後に好きな事を書いてしまいましたが、カンフルブログも、これで最終回となります。私個人の思いを、もっと語りたい場面もありましたが、総理という立場で許される範囲で、できるだけ率直に述べてきたつもりです。これまでお読みいただいた皆様、どうもありがとうございました。



2011年08月16日
専門家らとの対話--待った無しの汚染対策
2011年08月15日
責任を果たしていく覚悟
2011年08月12日
震災5ヶ月--誰ひとり孤立しない社会に向けて
2011年08月09日
逆行を許さず、人も仕組も入れ替えて
2011年07月31日
《次の時代》(7):"皆の"参加が行方を決める
2011年07月26日
第2次補正予算と、復興基本方針と
2011年07月22日
安全を《誰が》チェックするのか、が肝心。
2011年07月21日
原発事故収束「ステップ1」達成とこれから
2011年07月18日
素晴らしい!
2011年07月17日
原発事故現場で作業される皆さんとの対話
2011年07月14日
《次の時代》(6):原発に依存しない社会へ
2011年07月12日
ストレステスト導入の背景にある、問題の本質
2011年07月06日
2次補正予算案と、平野新復興相への期待
2011年07月01日
B型肝炎の研究費増額を
2011年06月30日
社会保障と税の一体改革
2011年06月29日
B型肝炎、決着にあらず
2011年06月29日
この一週間、考えていた事
2011年06月21日
《次の時代》(5):現実も見て、先も見すえて
2011年06月16日
《次の時代》(4):再生可能エネルギー促進法
2011年06月13日
《次の時代》(3):自然エネルギーへのうねり
2011年06月08日
《次の時代》(2):エネルギー政策の転換
2011年06月06日
《次の時代》(1):私と風力発電
2011年05月29日
「優しき心」と「起き上がり小法師」
2011年05月19日
世界経済フォーラム シュワブ会長との会合
2011年05月02日
全党一致で、前へ
2011年04月28日
進む決意と、悼む心と
2011年04月15日
復興構想会議、スタート
2011年04月13日
緊張続く中......過度な自粛から、復興構想へ
2011年03月10日
松本新外相と五十嵐新参与への期待
2011年03月08日
政治の歩みは止まらない―――初めての「規制仕分け」
2011年03月03日
門出の春に、居場所と出番を!
2011年03月02日
自殺を減らす。社会の力で、政治の力で。
2011年03月01日
予算案、衆院通過――何としても与野党合意を
2011年02月12日
エジプト情勢への敬意と期待
2011年02月10日
党首討論の先を見すえて
2011年01月30日
ダボスで響いた「開国」「絆」「最小不幸社会」
2011年01月25日
国会開会―――私達の立っている場所
2011年01月23日
核無き世界への船出
2011年01月14日
新体制スタートの先にあるもの
2011年01月10日
成人を迎えた皆さんへ
2011年01月05日
反転攻勢の年が明けた
2011年01月01日
100歳の教え―――もう一つの年頭所感
2010年12月27日
来年度予算のこだわり...例えば科学技術予算
2010年12月21日
小沢さんと政治倫理審査会問題
2010年12月18日
就任2回目の沖縄で
2010年12月14日
法人税下げの「決断」と、御遺骨帰還の「責務」と
2010年12月13日
山形農業視察&『東京国際アニメフェア』

KAN-FULL BLOGについて

日本の元気を回復する「カンフル剤」たるべく、カン総理がフル回転。KAN-FULL BLOG(カンフル・ブログ)は、本人直筆で、動画出演で、更にスタッフ証言等で、立体的に発信しています。

カテゴリ

  • KAN-FULL TV(28) 多忙な公務の数分の隙間を見つけては、カメラに向かって総理が構えずに語ります。
  • 一歩一歩(33) 派手なニュースにはなりにくくても、着実に進む菅政権の諸政策。わかりやすくお伝えします。
  • 先を見すえて/菅直人直筆のページ(48) 中長期的な政策テーマについて、思うところを総理自身が一人称で随時執筆。最も一般的な「ブログ」風のコーナーです。
  • 官邸雑記帳(26) 間近だから見える、総理周辺のあれこれ。官邸スタッフ等が気軽につづります。
  • 菅内閣の一週間(33) 先週の菅内閣で、何が起きたか、進んだか。主な会議や行事等の内容について、わかりやすくお伝えします。
  • RSS1.0
  • RSS2.0
KAN-FULL BLOG http://kanfullblog.kantei.go.jp/